疲れ目「眼精疲労」で重く奥が痛く寝ても取れない、お勧めの成分とは!?

疲れ目「眼精疲労」で重く奥が痛く寝ても取れないのは既に病気です。簡単に考えていると、更に悪化していく事になるので、早めのケアを心掛けましょう。

■疲れ目「眼精疲労」は現代人では逃れられない、早めにケアを

■疲れ目に良い成分はアントシアニンとクロセチン

 

疲れ目「眼精疲労」で重く奥が痛く寝ても取れないのは既に病気

目が痛いので疲れ目と自覚し、一晩ぐっすり寝たが、目の疲れが取れず、重く感じる、奥の痛みが取れない、視界がハッキリせずぼやけるという状態は既に病気です。眼精疲労の症状は他にも、頭痛、肩こり、首こり、ショボショボする等もあります。

起きている間は目は常に働いているため、目を酷使する現代生活では、疲れ目になる人は多い。

人間は元々は電気も無かった頃、目は遠くの獲物や天敵などを見る為に使って暗くなると眠り目を休めていたが、現代は文字を見る事が多く遠くより近くを見る事が多くなった。それに加えてパソコン、スマホ、ゲームなど、近距離の物を見続けることも多くなり、毛様体筋には力が入ったままになってしまっている。

疲れているなと感じたら、悪化する前に、早めのケアが必要です。悪化している人も、根本を改善させるケアが必要になります。

 

疲れ目をスッキリさせる方法

1.アントシアニン

目のぼやけ、酷使し痛い状態の人にお勧めの成分は「アントシアニン」。毎日パソコンや読書、運転などをする人に特にお勧めです。ベリー系の果物に多く含まれている、青紫色の天然色素「アントシアニン」には目の働きを高め、眼精疲労を予防する効果がある。抗酸化作用も強い成分なので、目の衰えを感じている人にも良い。

抹消血流を改善する働きもあるとされているので、毛様体筋を使い続ける現代人、こりを感じている人にも良い。

ブルーベリー、ビルベリー、クランベリー、カシス、プルーン、アサイー、ブドウ、ラズベリー、イチゴなどに含まれている。

疲れ目にブルーベリー系「アントシアニン」サプリ比較ランキング

 

2.クロセチン

天然に存在するカロテノイドカルボン酸(クチナシの果実やサフランに含まれる黄色の天然色素)で、近年の研究では肉体的疲労を減少させる効果が示唆されている。他にも体の錆びを予防する抗酸化作用に優れています。

眼精疲労や疲れ目が原因となっている肩こり、首こりの血流改善に効果的な成分です。

理研ビタミン「クロセチンアイ」オフィシャルサイトはこちら

 

本や画面を見ないという選択が出来る人は良いですが、仕事などで、どうしてもパソコンを長時間使用するという人は、ぜひ摂取しておきたい2つの成分です。なかなか取れないこりに悩んでいる人もぜひ試してみて下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

多くの人に読まれている記事

  1. 「DHA&EPA」サプリ比較ランキング 目の衰えが気になる人におすすめの成分

    「DHA&EPA」サプリ比較ランキング 目の衰えが気になる人におすすめの成分

    ■目の衰えが気になる、衰えを遅らせたい ■健康な視神経を維持したい ■目が疲れて…
  2. 「アスタキサンチン」サプリ比較ランキング 老眼、目の衰え、ピントが合わずぼやける、眼精疲労に

    「アスタキサンチン」サプリ比較ランキング 老眼、目の衰え、ピントが合わずぼやける、眼精疲労に

    ■脳と目に直接作用する数少ない抗酸化物質成分 ■眼精疲労、ピント調整力改善、肩こり、目…
  3. 「タウリン」サプリ比較ランキング 網膜や角膜、視神経の健康維持に

    「タウリン」サプリ比較ランキング 網膜や角膜、視神経の健康維持に

    ■目が疲れやすい ■目の衰えが気になる、衰えを遅らせたい ■網膜や角膜、視神経の…
  4. 目の健康維持に「ビタミン類」サプリ比較ランキング

    目の健康維持に「ビタミン類」サプリ比較ランキング

    ■「ビタミンB1」は眼精疲労の予防に効果、目を酷使して目が痛いと言う人に良い ■「ビタ…
  5. 目の奥の痛みに「ルテイン」サプリ比較ランキング

    目の奥の痛み解消・治す「ルテイン」サプリ比較ランキング

    ■ルテインとは緑黄色野菜に含まれている天然色素の1種 ■ルテインは体内でサングラスの役…
  6. 疲れ目にブルーベリー系「アントシアニン」サプリ比較ランキング

    疲れ目にベリー系「アントシアニン」サプリ比較ランキング

    ■「アントシアニン」はポリフェノールの1種 ■高い抗酸化作用と目で見た物の認識と伝達に…

目の奥の痛みにルテインサプリランキング

老眼にアスタキサンチンサプリランキング

網膜の健康にタウリンサプリランキング

ページ上部へ戻る