「物が小さく見える」のは「疲れ」ではなく「重大な病気の兆候」の可能性

「物が小さく見える」のは「疲れ」ではなく「重大な病気の兆候」の可能性

■物が小さく見えるのは加齢黄斑変性症の主な症状の1つ

■加齢黄斑変性症は失明の危険もある病気

■主な原因は加齢=老化

■予防や悪化に歯止めをかけるにはビタミンと抗酸化作用を持つ成分

■ルテインが少ないと発症リスクが上がる

加齢黄斑変性症におすすめのサプリメントランキング

 

「物が小さく見える」のは「疲れ」ではなく「重大な病気の兆候」の可能性

普通に過ごしていると支障が少ないので気にしない人が多いですが、「物が小さく見える」と言う症状が出ている人がいます。

遠近法で同じ物をずっと見ていたから大きく見えたり、他の物を見ると小さく見えたりしたり、目の疲れで小さく感じる事もありますが、実は失明に至る大きな病気「加齢黄斑変性症」の症状が出ている可能性もあるので注意が必要です。

「物が小さく見える」症状が出ている場合、他にも中心性網膜炎、中心暗点、小視症、変視症などがありますが、日本人に急増している加齢黄斑変性症を今回は紹介します。

 

加齢黄斑変性症とは?

日本では中途失明原因として有名なのは緑内障や白内障ですが、加齢黄斑変性症は欧米では中途失明原因の第1位となっています。

その名の通り、加齢=老化が主な原因で、高齢者に多い病気です。目の生活習慣病と言われ、食の欧米化や生活環境の変化によって日本でも患者が急増しており、現在では中途失明原因の第4位にまで上がってきました。

発症率も欧米に近づきつつあり、今後は同等になり、患者数も更に多くなる事が予想されています。

加齢黄斑変性症の主な症状

■色が分からない色素異常

網膜に支障が出て色素異常が起こり、全ての色の見分けが出来なくなる症状。

■物が歪んで見える

目で見ている中心部が歪んで見える症状。

■物が小さく見える

歪むと動じに黒く見える以外に、歪むと同時にサイズが小さく感じるのも特徴的な症状の1つ。サイズ感に違和感が出てきたら兆候の可能性も。

■視力の低下

初期症状の1つで視力が休息に低下、遠くの物が見えにくくなる。通常の視力低下と混同しがちなので注意が必要。

 

加齢黄斑変性症の治療方法

加齢黄斑変性症には滲出型と萎縮型の2つがあります。

加齢黄斑変性症(滲出型)の症状

網膜(脈絡膜)に新生血管が発生する事で発症するタイプ。本来では無いはずの血管が発生し網膜色素上皮を破り血液が漏れる事で黄斑に障害が起きます。進行が早く、日本人はこのタイプが多い。

加齢黄斑変性症(滲出型)の治療方法

滲出型は直ぐに治療が必要で、新生血管の生え具合により治療法はレーザー光凝固、抗VEGF療法、光線力学療法のどれかを行ないます。

 

加齢黄斑変性症(萎縮型)の症状

網膜色素上皮や周辺組織が萎縮し視細胞が減少する事によって発症するタイプ。進行はかなり遅く何十年も掛かり、欧米人に多い。失明の危険性は低く、視野の欠けや視力低下もゆっくりな為に加齢が原因と思ってしまっている人も多数おり、かなり悪化してから気付く人も多い。途中で滲出型に変わる可能性もあるので注意が必要です。

片方で発症すると、もう片方で視野を補うので、片目ずつ視野に異常が無いか日頃から確認すると良い。

加齢黄斑変性症(萎縮型)の治療方法

萎縮型の場合は生活習慣の見直しが重要です。定期的に眼科で診察、バランスの良い食事、適度な運動、禁煙、紫外線対策などを行ないましょう。

 

加齢黄斑変性症を悪化させる、進行を早める、再発させるハイリスク要因

加齢黄斑変性症には前述の通り幾つかの治療法はありますが、現段階では残念ながら改善には限界があります。ですので、治療を行った人は再発させない、悪化させない、進行を遅らせるなどの必要があります。

予防法方も基本的に同じですが、肉類、糖類、脂分に偏った食生活の見直しビタミンを豊富に摂取する事などが必要になります。それと共に進行を進めてしまう行為も止める必要があります。

■タバコを吸う(喫煙)、またはタバコを吸う人が近くにいる(受動喫煙)
■緑黄色野菜をあまり食べずビタミン不足
■悪玉コレステロールが高い食事
■脂肪分、塩分、糖分、添加物の多い食事、加工食品、古い油の利用

■紫外線対策を行なっていない
■体が疲弊し過ぎる程の激しい運動
■ストレス過多
■睡眠不足
■大気汚染
■化学物質
■塩素の入った水道水
■ルテイン不足

以上の事に気をつけて毎日の生活を送ると良いでしょう。

 

加齢黄斑変性症の進行を遅らせる、予防に役立つ成分

老化現象を進めてしまう活性酸素を除去する、抗酸化作用を持つ成分や、ビタミン類は日本眼科医会も推奨しています。また網膜部分に豊富に存在するルテインも世界の研究機関の結果で少ないと加齢黄斑変性症のリスクが高まると言う結果が出ているので、これらの成分がおすすめです。

■アスタキサンチン

一重項酸素を消去する力は「β-カロテン」の5倍、「CoQ10」の800倍、脂質の酸化を防ぐ力は「ビタミンE」の1000倍、「ビタミンC」の6000倍といわれています。非常に優秀な抗酸化作用を持つ成分として大注目されています。

■ビタミン類

アスタキサンチンと比べると抗酸化作用の力では劣りますが、ビタミンE、ビタミンCなどのビタミン類も良いでしょう。ビタミンB群も含めて、ビタミン類が足りていないと体の各所にガタが出てきます。健康を保つ事は老化を遅らせる事に非常に重要なので、そこから考えてもビタミン類はきちんと摂取しておきましょう。

■ルテイン

人間の特に目の水晶体と黄班部に存在しているカロテノイド(天然色素)は「ルテイン」と「ゼアキサンチン」だけで、不足すると眼病の原因になります。水晶体では白内障、黄班部では加齢黄班変性症(AMD)などのリスクが上がると様々な研究結果で示されています。

加齢黄斑変性症におすすめのサプリメントランキング

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

多くの人に読まれている記事

  1. 「DHA&EPA」サプリ比較ランキング 目の衰えが気になる人におすすめの成分

    「DHA&EPA」サプリ比較ランキング 目の衰えが気になる人におすすめの成分

    ■目の衰えが気になる、衰えを遅らせたい ■健康な視神経を維持したい ■目が疲れて…
  2. 「アスタキサンチン」サプリ比較ランキング 老眼、目の衰え、ピントが合わずぼやける、眼精疲労に

    「アスタキサンチン」サプリ比較ランキング 老眼、目の衰え、ピントが合わずぼやける、眼精疲労に

    ■脳と目に直接作用する数少ない抗酸化物質成分 ■眼精疲労、ピント調整力改善、肩こり、目…
  3. 「タウリン」サプリ比較ランキング 網膜や角膜、視神経の健康維持に

    「タウリン」サプリ比較ランキング 網膜や角膜、視神経の健康維持に

    ■目が疲れやすい ■目の衰えが気になる、衰えを遅らせたい ■網膜や角膜、視神経の…
  4. 目の健康維持に「ビタミン類」サプリ比較ランキング

    目の健康維持に「ビタミン類」サプリ比較ランキング

    ■「ビタミンB1」は眼精疲労の予防に効果、目を酷使して目が痛いと言う人に良い ■「ビタ…
  5. 目の奥の痛みに「ルテイン」サプリ比較ランキング

    目の奥の痛み解消・治す「ルテイン」サプリ比較ランキング

    ■ルテインとは緑黄色野菜に含まれている天然色素の1種 ■ルテインは体内でサングラスの役…
  6. 疲れ目にブルーベリー系「アントシアニン」サプリ比較ランキング

    疲れ目にベリー系「アントシアニン」サプリ比較ランキング

    ■「アントシアニン」はポリフェノールの1種 ■高い抗酸化作用と目で見た物の認識と伝達に…

目の奥の痛みにルテインサプリランキング

老眼にアスタキサンチンサプリランキング

網膜の健康にタウリンサプリランキング

ページ上部へ戻る